「亜佑美……こっちおいで」

 彼はそう言うと私の体をゆっくりと優しく抱き寄せ首筋にキスをした。
 そう、私たちは身体の関係をもっている。
でも彼女ではない、ただの二番目な私。