(お、お風呂場でなんて……でも凄く私の事を求めてくれて嬉しかったな)

 恥ずかしいさもあり、嬉しさもあり、でもやっぱり恥ずかしくて急いでお風呂を出て服を着ようと顔を上げると満足そうにニコニコしながらこっちを向いている領さんがしっかり鏡に写っていた。

「あっ!!!」

 やってしまった、と一瞬で理解する。このお風呂ガラス張りだった。まさかお風呂入る前もぜんぶ見られてたのかな!? もう恥ずかしさでいっぱいで物凄い速さで体を拭き服を着て洗面所を出た。
でも……また少し領さんと距離が縮まったかな、と嬉しくなる。