「亜佑美、もう十時だから起きた方がいいんじゃない?」

 聞きやすく心地の良い、私の大好きな声が耳元で響く。モゾモゾと布団から這い出て携帯を見ると時刻は十時。待ち合わせの十一時まであと一時間。
私は飛び起きた。

「な! やばい! 寝坊した!」

「何度も起こしたけどグッスリ寝てたからさ」

「ごめんなさい〜、急いで準備します〜」

 布団から飛び出で洗面所に走る。鏡を見て愕然とする。ボッサボサの頭に寝起きの顔。

(こんな顔領さんに見られたとか最悪すぎるっ)

 優しく顔を洗顔し、化粧水をたっぷり染み込ませている間に髪の毛をクシで整える。メイクをし、急いで寝室に戻り私服に着替えた。
今日は簡単にスキニージーンズに黒のVネックセーターとベージュのコートを羽織る。
 リビングに戻ると領さんはソファーで携帯をいじりながらコーヒーを飲んでいた。
ジーンズに黒のパーカーでいつもよりラフな格好だがすっごくカッコいい。つい見惚れてしまう。

「領さん! お待たせしましたっ」

「ジャスト三十分だな、じゃあ行こっか」

「はいっ」