「実話さ、好きな人がいるんだけど……その人彼女いるんだよね」

「まじ? でも彼女であって嫁ではないから法律的にはセーフだし、全然奪うのあたしはあり! 不倫だったら大変だけどね」

 真衣のこうゆう所は凄く好きだ。
ズバズバと本音を言ってくれる所。

「そう思う? やっぱりガンガン攻めて行こうかな……てかもうヤッちゃったんだよね。二回も……」

「まじか〜、それだとちょっと話したり変わってくるというか、身体だけを目的とされてるかもしれないじゃん。でもまぁ好きならヤっちゃうよね……私ら小学生じゃないんだし、立派な大人の女になっちゃったし」

「だよね……もう開き直って私の身体の虜にしてやる! とかも思っちゃったよ」

 二人して笑いが止まらない。
さっきまで落ち込んでいた自分が嘘みたいだ。
やっぱり友達に相談するってことは凄く心が軽くなる。