アイラに勤め先の公爵家から縁談の話が舞い込んだ。相手は、狼の一族であるグレイ・ウォーラフ伯爵。

 しかし、アイラはグレイの『番』というわけではないらしい。

 アイラは『番』とは魂の繋がり。その結びつきには抗えないと聞いていた。結婚後にもしもグレイの『番』が現れたら……?彼女の不安は募るばかり。

あらすじ

 アイラに勤め先の公爵家から縁談の話が舞い込んだ。相手は、狼の一族であるグレイ・ウォーラフ伯爵。

 しかし、アイラはグレイの『番』というわけではないらしい。

 アイラは『番』とは魂の繋がり。その結びつきには抗えないと聞いていた。結婚後にもしもグレイの『番』が現れたら……?彼女の不安は募るばかり。

◯小説家になろう、カクヨムにも掲載しています。

目次

この作品のキーワード
異類婚姻譚  番いの解釈  身分差    結婚  短編