七月。


期末試験が終わって約一週間。
全教科の答案用紙が返却された。

早いうちから計画を立てて勉強したのもあり、中間よりも少し点数が上がっていた。


担任の先生(いわ)く、今年も学年一位なんだそう。


追試も補習もないから、今年の夏休みも思いっきり楽しめる……!



と、言いたいところだが……

一つだけ気がかりなことがある。



金曜日の放課後──。

PM4:30



「──実玖ちゃん、このジャケットの生地は、厚め? 薄め?」

「あー……軽く羽織るイメージなので薄めです」



今週の月曜日から、図書室で実玖ちゃんとデザインの話し合いを再開した。


が、しかし、最近彼女の様子がおかしい。

顔色が悪いわけではないが、どことなく声に元気がない。表情も少し暗いような……。



「えーっと……このトップスは、真っ白というよりもアイボリーに近い色です」



紙に書き込みながら説明をする彼女の顔を横目でチラッと見る。

大好きな服の話をしているのに、瞳にきらめきがない。


それに……



「アイボリーね、わかった。この胸元のハートは模様?」

「いえ、くり抜いてます」



抑揚のない声で淡々と話す彼女。

話し合いを始めてから30分が経つのに、一度も目を合わせてくれない。


もしかして、避けられてる……?