ひときわ目を引く煌びやかな金髪

両耳で鈍く光る3つずつのピアス

ジャラジャラ賑やかなネックレス


そして何より、強面・無愛想・滲み出る威圧。



「………あ?」



誰もが恐れるド級の不良・鬼嶋 竜之介には

絶対絶対、近寄りたくない、…はずなのに



「…お魚が好きじゃない?ぶっ飛ばすぞゴルァ!!!」

「…お味噌汁の奥深さ、ナメてんじゃねぇぞ…」



毎日のお弁当を

誰よりも上品に食べているので


…わたしは、彼のことが気になって仕方ない。





2021.02.25

この作品のキーワード
お弁当  食事  不良  ヤンキー