キーンコーンカーンコーン――…



「それでは今日の授業を終わります」

「起立、礼ー」



次の日。

今日もまた、お昼の時間がやって来た。



「ふーっ、やっとお昼だねさおりんー」

「ねー麻衣ちゃん、お昼だねっ」



授業を終え、待望を含んだ明るい話し声が教室中から聞こえてくる。

それは麻衣ちゃんも同じようで、彼女はお弁当バッグを持ってもう準備万端だ。



「外、すごい雨だ」

「今日ずっとって言ってたね」

「朝は晴れてたのにねぇ」



耳を澄ますと、ザーザーと叩きつけるような雨音が校舎内からでも聞こえてくる。

…今日は食堂が混むだろうな。いつも中庭とか屋上で食べてる人たちが行けないから。



(……屋上と、いえば…)