「1日1時間1万円、とりあえず3日間、時間帯は午後ならいつでもOK、もちろん危ない仕事じゃない。かなりいい条件だと思うけど、どう?」


友人から、そんな割がよすぎて怪しさ大爆発なバイトを提示されて、うっかり釣られて連れていかれたのは、大豪邸だった。

この作品のキーワード
日常  大学生  バイト  御曹司