友人が死んだ。女性ばかりを狙った連続殺人の被害者と目されているらしい。

死体発見現場に花を手向けに来た私に、見知らぬ少年が声をかけてきた。

彼が言うには、死ぬ前の友人とひととき関わりがあったのだという。

目次

この作品のキーワード
社会人  少年  シリアス