青空の映る水溜まりに落ちれば、そこはもう異世界だ。
水溜りと湖を介して行き来できるようになった異世界は、やたらと異世界人に都合がよくてチートも完備の現実逃避に適した環境なのだけれど、異世界に移住させるために口説いてくる魔法師団長の存在がちょっとした悩みの種である。

そんな異世界での私と魔法師団長の話。

この作品のキーワード
異世界転移  異世界  魔法  チート  口説かれ  微恋愛