ここは響子のクラブ━━━━━━━
「響子、久しぶり!」
「将大…」
「響子が会ってくんないから、会いに来た」
「あんたの会うのは、心の準備が必要なの…!」
「妻とは別れたよ?もう一回チャンスくれよ…」
「……」
「忘れられないんだ……お前が…」

この低い、柔らかな声。
色素の薄い、茶色い瞳。
見た目は強面だが、雰囲気がとても優しい。
この男を前に、かつて死んでもいいと思えた恋を思い出す。

彼、小岩井 将大と出逢った時既に、将大は既婚者だった。
響子がまだ19の時だった。
将大は大翔達とは別の、暴走族に所属していてそこの総長だった男だ。
当時はまだ将大の族がトップで、響子もすぐに虜になった。
将大はとても強く、それでいて仲間思いの誠実な男だった。
響子が夢中になるのも、しかたのないことだ。

でも、将大は響子を遊ぶだけ遊び、あっさり捨てた。
それから響子は人を信じなくなり、力だけをどんどんつけるようになる。
当時の所属していたレディースの総長にまでなる程に。
正当防衛で兄を殺し、更に周りに誰もいなくなる。
その時に傍にいたのが、柚希だ。
柚希がいなければ、既に死んでいたかもしれないと響子は思う。
その後、将大への当て付けのように、将大の仲間と結婚した響子。
でもすぐにダメになり、現在に至る。

「店終わったら、話そう。
もちろんお金は出すよ」

どうすればいいのだろう。
また捨てられるのだろうか?でも心はあの日のまま、既に奪われている。