「柚希さん、ちょっと付き合ってほしいんですが…」
「え?あ、はい」
市子が、柚希を外に連れ出した。


「こんにちは、柚希さん」
「え?市子さんの彼氏さん…?」
「ほんとは違うんです。俺は市子と付き合ってないし、既婚者でもありません」
「え?じゃあ……」
「俺達、大瀬の高校の同級生なんです」
「え?大翔の?」
「はい、それで俺は大瀬にかなり傷つけられてきました。だから、復讐したくて……」
「え……何を…するんですか?」
「柚希さん、大瀬と別れてください!」
「は…?」
「それが、一番の復讐だと思いません?」
「無理です!そんなの、私が……」
「だったら、大瀬のカフェ潰しましょうか?」
「え?」
「今ネットを使えば、いくらでも潰せますよ?」
「そんな……」

「どっちがいいですか?離婚と、倒産」
「そんな……こと…」
「柚希さん?」
柚希の様子がおかしい……
「離婚…?大翔と……?そんなの……いや…!」
「ねぇ、晴生。
ヤバくない?」
「あ、あぁ」
「はぁはぁ……。
離婚……離婚……」

プップップーーーー!
キーーーー!!!!
「柚希さん!!!」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
タタタタ……………
「柚!?」
「ちょっと!大翔!まだ処置中よ!」
「どうゆうことだよ!?柚が事故って!」
「ちょっと落ち着きなさい!」
「柚希!!」
「姫は!?」
「どうなってんのよ!」
みんなが集まった。

「ちょっと落ち着いて、みんな!私も今来たとこで……」
「あの、柚希さんが急に道路に飛び出して━━━━━」
ダン━━━━!!
「お前………柚に、何をした……!?」