コンコン━━━━!
「中也?俺」
「あー兄貴?」

ガチャ━━━
「なんだよ!?俺謝んないよ!抱き締める位……」
「別にいいぜ!柚を奪えるもんなら、奪ってみろよ!」
「は?」
「絶対渡さないから!」

「…………。
フッ…ハハハ!!
やっぱ最高だな、兄貴!
望むところだ!!
俺さ、最近理性効かなくなってんだよな……」
「だろうな…」
「でも、安心しろよ!
柚希を傷つけることは絶対しないって誓うから!」
「それは当たり前だ!」
「だな(笑)」

なんだかんだで、仲のいい兄弟だった。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「あれ?早苗」
「え?律?」
「誰ー?」
「あー元カノ」
「この子が…」
「確かに、貧相な子…」
「は?」
「コイツ、社長令嬢なんだよ!」
「そう…」
「ねぇ律…行こうよ!予約時間迫ってるよ」
「だな、じゃあな!早苗」

律は早苗の元カレだ。
ヒモ男で、早苗が全て貢いでいた。
突然、別れを告げられた。
予想はしていたが、やっぱ女だった。

悔しい…!私はあんなに尽くしてきたのに……
早苗は力いっぱい手を握りしめた。

「ただいま、帰りました」
早苗が帰ると、ちょうど大翔が柚希に抱きつき、キスをしていた。
「ちょっ…やめて、早苗…さん帰って、きたから。恥ずかし……」
「んー。いいじゃん…癒やされ中なんだから」
早苗は言葉にならない、嫌悪感に包まれていた。