願わくは、
平穏な高校生活

……だったのに。


「大丈夫だよ。ひなちゃんのことは、
俺がちゃんと守ってあげる」






貧乏くじを引きがちな女の子

結城 ひなた
Hinata Yuuki

×

甘やかし上手な生徒会副会長

千代崎 蒼
Aoi Chiyozaki






それは、1封の差出人不明の封筒から始まった。


「俺は、ひなちゃんの『ボディーガード』ってところかな」


ちよ先輩とわたしの、
なんだかちょっぴりおかしな関係。

ふたりで過ごす時間は、


「ひなちゃん、真っ赤だよ。
……可愛いね」


とびきり甘くて


「そんな顔されると……、
どこまで赤くなるのか、試してみたくなっちゃうな」


とびきり、ドキドキする


「……触って、欲しいの?」

「ひなちゃんが知りたいこと、
全部……俺が教えてあげる」

「……ひなちゃんが、脱がせてよ」


先輩は優しいけれど、
ときどきズルくて、……イジワル。

なにも知らないわたしは、
まんまと振り回されてばかり。


「ほら、言ってみて? ……いい子だから」


掠れた声でそう囁かれて……

わたしは今日もまた、


「先輩の、……好きに、して欲しい……」


ちよ先輩の手のひらの上で
踊らされている。


この作品のキーワード
高校生  学園  先輩  初恋  胸キュン  甘々  無自覚  イケメン  独占欲  溺愛