私は、自分の中に芽生えている気持ちの正体を自覚しつつあった。

こんなパーフェクトな男性に対しておこがましいと思わないわけじゃない。

それでもこうして2人で出掛けて、ウニを助手席に乗せておく提案をしてくれて、ちょっとした独占欲みたいなものを見せられて、もしかしたらなんて甘い期待をしていないといえば嘘になる。

クマ先生から言われて良くしてくれているだけかもしれない。
今まで付き合ってきた綺麗な女性とはタイプの違う私を、妹みたいに可愛がってくれているだけかもしれない。

そんな心の中にあったストッパーがいつの間にか外れてしまうほど、今日1日が楽しかった。

ウニの会計を終えた先生が私のもとに戻ってきても、なかなか顔の熱が引かないままだった。