季節は春に廻り、忘れていた泡沫の記憶が想い浮かぶ。



死神さんは春になく




この作品のキーワード
幻想  現代  ファンタジー  死神  図書館  勿忘草