俺達は、周りが羨むくらいの夫婦だ。

俺は大手不動産リース会社の経営者で、妻は容姿端麗。

俺だって、女に苦労したことないんだよな。



俺達は、戸籍上は夫婦だが本物の夫婦ではない。

だって妻は俺のこと、何にも知らないんだから。

でもね……
悪いのは君だよ?
記憶なんて失くすから。

だから、都合よく俺に記憶を刷り込まれたんだよ?

大丈夫……
一生かけて…大事に、大事に、幸せにしてあげるよ?



※かなり狂っています。ご注意を……………



神宮 紫龍(かみみや しりゅう)
×
神宮 陽愛(かみみや ひな)




この物語は、フィクションで作者の妄想物語です。不快な点があるかもですが、良ければ読んでいただけると嬉しいです。
この物語は、大人の恋愛物語です。それを踏まえた上でお願いします。

この作品のキーワード
狂愛  洗脳  大人  征服  束縛  管理