─── 一目惚れってあるんだって思った。


社会人二年目のまだまだひよっこな私、西尾芽生はメーカーで働く駆け出しのシステムエンジニアだ。自他共に認める仕事人間で、男性にまみれてガツガツ仕事をしている。

プログラムコードをバリバリ書くことは結構得意だ。大学でも専門で勉強してきたし、集中して何かに取り組むことは性に合っている気がする。

だけど仕事っていうのは好きなことだけをすればいいものではない。いくらプログラムが書けるからといってすべて内製で作るわけではなく、時には外注にも請け負ってもらう。仕様書を作成して打ち合わせをして発注へと繋げる。

この発注処理というのがなかなか難しく、調達部門の担当者へたびたび確認をしに行かなくてはいけない。

今日も請求書の支払遅延について下請法のことを聞きに調達部門まで足を運んだのだが……。

「はい、勉強し直し!この案件のどこが下請法違反なの?問題ないわよ!」

ハキハキとものを言う曽我グループ長は、呆れながら一蹴する。

違反ではなかった安心感と共におとずれる羞恥心に私は顔を赤らめた。

勉強不足なのはわかってる。だけど下請法ってややこしくて難しいんだもん。だから聞きに来たんだよう。

なんて心の中で悪態をつきつつ曽我さんから目をそらすと、曽我さんの斜め前に座る男性と目が合った。彼はクスクスと笑いながら、

「下請法難しいよね」

と柔らかく微笑んだ。