「…ごめんね、お母さん。
   私、約束、守れそうにないや。
  ごめんね、絶対だよって言ったのに。」
   
  そう言って話しだす少女の顔は、
  どうしてか、泣きそうに歪んでいる。

 「でもっー。でもね、お母さん。
  私あんな事言われたらもう…
  もう耐えられないよッ!
  もう、もう…ムリだよ…。
  ねぇ、お母さん。私は、私の人生は。
  利用される以外に、
  道はなかったのかなぁ?
  もう私、自分が何のためにここに
  いるかわかんなくなっちゃったよ…」