花咲いて、散っていくその刹那に、人はそれぞれ何かを重ねる。



”わたしの初桜は、先生でした。”
―――望みのない片恋。


”願わくば、彼女との出会いは 刹那 ではありませんように……”
―――芽吹きかけの恋心。


”あなたが葉桜なら、オレは満開の桜なんか目もくれないのに………”
―――諦めきれない恋着。


”ね?一緒に、頑張ろう!”
―――人生の行き先を変更するときに感じる恋風。




いくつかの痛みを知って、
また、それぞれに花咲く日を迎える―――――















この作品のキーワード
片想い  卒業  告白  高校  大人の恋  失恋  再会    男性目線  オムニバス