目が覚めたら隣で、会社の御曹司が眠っていた。
二日酔いでズキズキと痛むあたまで状況を整理する。

「ああ、事後。
……事後ー!?」

なんでどうしてそうなったのか把握できないまま、彼に浴室へ放り込まれ。
シャワーを浴びながら思い出す。

……そういや、キセイジジツを作らないかと誘った気が。

見合いを勧めてくる親馬鹿父とシスコン兄に追い詰められた結果となれば、笑えない。
さらには一夜を過ごした御曹司が、キセイジジツの責任取るからとか結婚を迫ってくる。
笑わない、なんて噂しか知らない彼と結婚できるかとは思ったけど、……彼が、他の人の言わない嬉しいことを言ってくれるから。
私は結婚を決意した。

……うん。
そこまではよかったのだ。
なのに、入籍した直後。

「この結婚は誰にも秘密だ。
親にもな」

それってどういうことですかー!?


美月翠

26歳
三和百貨店総務部勤務

可愛くて奥ゆかしい←一般的な評価
誰もしないことを進んでやる、頑張り屋←一部の評価

守られるなんてイヤ。
早く父と兄の庇護から離れ、独立したい。

×

蔭木紘太朗

32歳
菱井三和ホールディングスMD戦略推進室企画・開発担当課長
さらに御曹司

女性にモテるけれど見向きもしない
笑わないとの噂あり

家族ぐるみの付き合いのわがままお嬢様、音成さんに振り回される苦労人
でも、好きな人間の前では……?


私はあなたと、対等ですか……?

******
※※注意※※
『極秘蜜愛結婚~俺様御曹司のトップシークレットは私!?~』の改稿版になります。
中盤は大きな違いはありません。
ただ、翠がよりパワフルに、男前になっておりますので、楽しんでいただけると嬉しいです。

この作品のキーワード
オフィスラブ  課長  眼鏡男子  御曹司  秘密の結婚  溺愛  眼鏡リーマン  切ない  大人の恋  恋愛