心霊ホラー、ちょっとラブコメ。


   ☆☆☆


山には『あちら』と『こちら』の『境(さえ)』がある。

京は、この春高校生になる、サッカーの好きな男の子。
山を祀る神社に生まれ、十の歳から境を巡礼する巫女の護衛をして、日本中を回っている。

みっつ年上の巫女の名前は、珠洲(すず)。

けれど、京が中三の秋から、珠洲は京を置いてひとりで山に行ってしまうようになって……?
しかも、今回、ひとりで出かけた山でナニカを拾ってきたようで?


あまり怖くはないです。

この作品のキーワード
ホラー  ラブコメ  心霊  巫女  主従  年下男子  伝説  暗号