一之瀬くんに中庭に呼び出されて告白されたあと、私は急いで教室まで戻ってきた。


昼休みは、残り15分弱。


残りあと数ページの文庫本を、この昼休み中に読み切ってしまおうと思っていたのに。

計画が狂ってしまった。


私、古賀 美月。

読書が好きな、普通の高校1年生。


小学校高学年の頃から徐々に視力が落ちてきて、今では常に度が強めの黒縁メガネをかけている。


一度も染めたことのない黒の長い髪の毛は、ヘアアレンジすることなく、いつも下ろしたままだ。


制服のブラウスのボタンも、一番上まできっちり留めて。

スカートは、膝丈まである。


今まで学校に遅刻したことも、校則を破ったこともない。

どちらかというと、真面目なほうだと思う。


私が自分の席に着き、机の中にしまっていた文庫本を取り出し、読んでいると……