「・・・・・本当に仁坂ぐらいだったんだよ。私の話し相手なんて」


◇◆◇◆◇

家出少女
花野井偲 (はなのい しのぶ)

×

不器用王子
仁坂颯 (にさか はやて)

◆◇◆◇◆



私を受け入れてくれたのは仁坂だけだった。


でも


「婚約者、荷が重いから断るんだ?別に嫌ではないんだ?」

「今の偲の立場わかってる?」

「大丈夫。偲にしかこういうことしないから」


私、本当に大丈夫なのかなぁ!??



この作品のキーワード
同居  溺愛  独占欲  不器用  御曹司  純愛    家出  切ない  高校生