もう4月になって結構経つのに、
急に寒くなりましたね。

駅のホームに冷たく吹く風を恨みながら、

昨日おととい絞り出して
やっとはじめてまともに書けた(のかな?)
勢いで書いた2本の短編

1つはファンタジーで、
1つは恋愛小説。

それよりも前から
書いてきた詩さえ書けなくて、

すっからかんになってしまった
この脳みそから、毒出しのように
エッセイを書きたくなり、

そもそもエッセイというものを
学んだことがないし、
エッセイの書き方の検索のひとつでも
すれば良いのですが、

まあいっか。って
好きに書いちゃうことにしました。

駄文ではありますが暇つぶしに
読んでください。

目次