〈ラプンツェル〉となった〈彼〉との約束を果たすために、私は<塔>へ行く。
ひとりでいい。ひとりがいい。
……誰も、道連れになんてするつもりはないから。


一部『ラプンツェル』をモチーフにした異世界ファンタジー。
異世界に『戻った』幼馴染を追いかけて異世界を訪れた『私』の、旅の終わりの前夜から綴る物語。
構成上、最初からクライマックス風です。過程を求める方には向きません。

この作品のキーワード
異世界  トリップ  少女と剣  逆ハーレム?