きみは気分屋

いつもいつも わたしのこころばっかり

かき乱して 乱して 乱して、

乱すだけ乱して 知らんぷり


「 どうでもいいよ、おまえなんて 」


そうやって軽く笑って


「 なんで連絡してこないの 」


たまに、ほんのたまに、少しだけ


「 おれがいいんでしょ 」


ほら、そういうところ。

昔から ずるすぎるんだよ



× × ×


カノジョ (?)

東野 遥 ヒガシノハル


カレシ (?)

成瀬 洸 ナルセコウ


× × ×


わたしね

きみがなにを考えているのか

ぜんぜん 分からない。




「 だまって。 目、そらすなよ 」


─── ほらね、今日もやっぱり。


この作品のキーワード
冷たい  溺愛  秘密  幼なじみ  ベタ惚れ