「私の子を産んでほしい」

倒すべき相手として教えられてきた『魔王』は、
どうやら人間の思い描いていたものとは違っていたようで。
『勇者』として相対したのに些細なことから懐かれる羽目になり――。

「どうして断られるのかわからない」
「あなたがなにを考えているか、そっちの方がわからないからよ」

自分を殺しに来た相手にべた惚れした魔王シュクルと、
苦労人プリンセス兼元勇者ティアリーゼの、
ズレ気味ファンタジーラブコメディ。

***

4/13完結
小説家になろう、アルファポリスでも掲載中

ファンタジー・SFジャンル1位ありがとうございます!

あらすじ

ティアリーゼは勇者として育てられた一国の姫である。しかし倒すべき相手として相まみえた魔王シュクルは、彼女と接してこう言った。「私の子を産んでほしい」プロポーズを飛び越えて子作りを望む魔王様は毎日ティアリーゼに求愛行動を続け……。「いつも逃げるお前が悪い」人ならざる獣とのズレ気味ファンタジーラブコメディ。

この作品のキーワード
獣人  じれじれ  ファンタジー  一途  ラブコメ  溺愛  ギャップ