*





幼なじみって


漫画や小説みたいに


いつの間にか好き同士になるって


少し、夢をみてた。





夏の蒸し暑い夜

蝉の鳴き声

ブランコの揺れる音

失恋の、いたみ。




今でもあの時のすべてを

鮮明に思い出せる。



これからもずっと忘れないだろう。




言えなかった"好き"たったの2文字。

簡単そうで難しかったたったの2文字は

今も、私の心のなかにしまってる。






*

目次

この作品のキーワード
21実話エピ