あの頃の私はいつも何かに怯えていた。

 一人で生きる強さもないくせに、
 他人と関わることが怖くて、
 一人で生きようとしていた。

 壁を作って、
 近づく者を拒んで、
 一人の殻に閉じこもっていた。

 そんな私が出会ったのは、
 頼りない、
 不器用な優しさを持ったあなたでした。

この作品のキーワード
過去  純愛  アルバイト  泣きキュン