友だちだから、食べたくない。
友だちだから、食べられたい。

十二歳になったその日、ミア・オースティンは霧の立ち込める森に足を踏み入れた。
そこにいるという人喰いに、食べてもらうために。

目次

この作品のキーワード
人喰い  少年  少女  異類婚姻譚?