「ではそろそろ行きましょうか、月菜(つきな)さん。」

 片手で私の荷物を持った柚瑠木(ゆるぎ)さんが、もう片方の手を私に差し伸べてくれて……柚瑠木さんは、本当にどこかの国の王子様のような人だと思って見ていました。

 柚瑠木さんからの提案で、先に私達は籍を入れて二人で暮らしすことになりました。結婚式の事はこれからゆっくり二人で決めることになったんです。
 ……そう、実は今日から私達は一緒に生活をするんです。

「はい、これからよろしくお願いします。あの……柚瑠木さん。」

「何でしょうか?」

 きちんと自分の意志を伝えることも大切だと思い、昨日ちゃんと練習しておいたんです。

「あの……契約結婚でも、私は柚瑠木さんの妻としてこれから頑張ります!」

 練習したかいがありました、柚瑠木さんにちゃんと伝えることが出来た!
そう思ったのですが……

 彼はそんな私を見て、ただでさえ冷たい印象を与える瞳をさらに細めて……

「月菜さんは余計な事はしなくていい、貴女は僕のお飾りの妻に過ぎないんですから。」

 柚瑠木さんの言葉に心が冷たくなっていくような気がしました。契約結婚だということは理解していましたが、自分をただのお飾りの妻だとまでは思っていませんでしたから。

 夫婦としてお互いのために何かできないかと考える私と、夫婦なのにお互い無関心でいようとしたがる柚瑠木さん。
 どうやら私たちの新婚生活は前途多難そうです――――