もふもふ、いいなあ。
 食べちゃいたい。

 ぼんやり見つめていた先に焦点を合わせると、今しがたマリーのヒーリング魔法で目を覚ました戦獣が(まなこ)と肩を揺らした。
 大きい体に似合わない怯え方で、目を覚ましたばかりだというのに後退(あとずさ)っている。

「マリーは相変わらずだな。なんていうか、報われない」

 苦笑混じりの同僚が戦獣である大型イノシシの傍に立つと、あからさまに安堵した様子を見せる。

「先輩はいいですね。もふもふし放題で。顔、(うず)めちゃうんですか?」

 先輩はマリーとイノシシを交互に見てから、ブハッと吹き出した。

「巨大イノシシにそんなことしたいのは、マリーくらいだよ」

「剛毛なイノシシにはさすがのわたしでも……たぶん」

 戦に駆り出される獣は、勇ましい姿の種族が多い。

 空からの攻撃を得意とするタカや大型のフクロウ。力の強いクマや、スピードのあるしなやかな黒ヒョウなど。

 戦闘向きの獣は原種に近いものばかりで、目の前にいる大型イノシシも戦場では獰猛で攻撃的だ。

 毛質だって硬いタワシみたいで、もふもふのふわふわには程遠い。