あとがき

『もふもふな聖獣に反対されても、王子は諦めてくれません』を最後までお読みいただきありがとうございます。

後半更新が滞り、すみませんでした!
なんとか完結に漕ぎ着けられ、安堵しております。

途中必要な文章が無くなり、不必要な長いページが差し込まれていた時期がありました。

今は気付いて訂正してありますが、その時に読まれた方、お見苦しい文をお見せして申し訳ありませんでした。
107ページ辺りですので、気になる方は読み返していただけると以前よりは話がすんなり進んでいると思います。

さてさて。
完結と言いつつ、多くの謎を残してお話を締めました。
書く意欲がなくなったわけではなく、今回は続きが気になるー!という辺りで終わりにしてみようと最初から決めていました。

それにしては、当初よりもかなり多くの謎を残してしまいましたが。

コメディ要素満載で、書いていて楽しかったです。

ラブ薄めで焦ったいまま終わるというのも、最初に掲げていましたので、ふたりを必要以上に?いちゃつかせたくなって困りましたが(笑)

楽しんでいただけたら、幸いです。

嵩戸はゆ

この作品のキーワード
魔法  もふもふ  格差  王子  聖獣