「へぇー…先輩ねぇ」





嫉妬深い、わたしの彼氏



部活の先輩と話していただけなのに



不機嫌になっちゃって……




「ねぇ、どうしたら許してくれるの?」



「うーん…じゃあ、キスして?」



「え、いまここで?」




え…


ここ教室だよ?


みんな見てるよ?




「いや、なんだ…」




いやっていうか、恥ずかしすぎて



ここでは…今はできません!



「ふーん…」



「わ、わかった…するね?」





勇気を振り絞りチュッとキスをした



なのに…





「もっと、深いのじゃなきゃ許してあげない」




そう言った彼は私に……!?






目次

この作品のキーワード
恋愛  彼氏  嫉妬  ドキドキ