4.結婚してください

 その夜、朝飛は雄飛とお風呂に入った。

パジャマを着せてもらい、歯磨きの仕上げとトイレも全部雄飛に甘えて、一緒の布団に入って絵本を読んでもらった。満足したのだろう。

まるで電池が切れるようにぱたりと寝てしまった。

「やっと寝てくれた」

 寝室のふすまを閉めて、雄飛がリビングに戻ってくる。

「全部させちゃってごめんね。大変だったでしょ」

「いや、全然。これくらいで大変だなんて言えるわけないよ。まひるはずっとひとりでやってきたんだろ?」

 雄飛の言葉に今までの苦労を思い出して思わず泣きそうになった。だからつい、強がってしまう。

「……そんな。だって産んだのは私だし」

 正直、産まない選択だってできた。でも私は産みたかった。雄飛の子を。

だからしかるべき責任は負う覚悟はあった。現実はそう甘くはなかったけれど。

「ありがとな。朝飛を産んでくれてありがとう。これからは二人で育てていこう」

「二人で?」

「ああ、そうさ。だから結婚して、まひる」

 雄飛はポケットから濃紺の小さな箱を取り出した。