「ごめんなさい、私変なこと言ったみたいで。」
「いいのよ、こっちこそごめんなさいね、変な空気になっちゃって、夏原さんはもう少しお時間大丈夫?」
「ええ、もう少しなら。」
「お家は大丈夫なの?」
「え、」
「いやごめんなさい、夏原さんはいかにも奥様って感じだから、ご家庭のある方なのかなと思って。」
「・・・・、」