一人っ子の悟は一人遊びの好きな子で、手のかからない子供だったけれど、そのことが小学校に上がって問題になる。
 休み時間も一人で居たがる悟にはお友達が出来なかった。担任教師が声をかけても、昼休みに校庭で皆と遊ぶことをしない悟は、その担任にも疎まれるようになる。