「うん…ごめんね……椿姫…」
その椿姫の小さな手を優しく握る、琥珀。
「琥珀…」
「わかったから、もう…泣かないで…?」
椿姫の目元にキスをする、琥珀。

「琥珀…名前……呼んで?
私の、名前…」
「椿姫…椿姫……好き…愛してるよ、椿姫…」
身体が熱くなる二人。
このまま…溶けてなくなってしまう程に………

椿姫を抱きながら、琥珀も涙が出そうに目が熱くなる。
好きすぎて…不安で……
「椿姫…お願いだから……どこにも行かないで…?」
琥珀の小さな呟き。
その呟きに、椿姫も涙がまた溢れてくる。

「琥珀……こは、く…もう…だめぇ……」
椿姫の意識が飛びそうになる。
「椿姫…?まだ、だよ…?
戻っておいで…?」
椿姫は必死に琥珀に抱きつくが、飛んでしまいそのままベットの上に腕がパタンと落ちた。

「椿姫?
また…無理させてしまった…」
琥珀は椿姫の前髪を払うように、優しく撫でた。
そして組み敷いたまま、しばらく椿姫を見つめていた。
身体中のキスマークを見て、思わず顔がほころんだ。
椿姫が琥珀のモノだと主張してるようで、嬉しかったのだ。

ピンポーン!
「ん?誰だ…?」
部屋の呼び鈴が鳴った。
「誰だ?」
「琥珀さん!椿姫は?
どうせ、貴方が閉じ込めてるんでしょ?
出して?」
「ゲッ…!ババァかよ……。
…………今、寝てるんで後から家までお送りします」
呟いた琥珀は、できる限り穏やかに彩姫子に話した。

「何言ってるの?早く出しなさい!椿姫!椿姫!」
彩姫子はかなり興奮したように、苛立っている。