自宅に帰ってきた、彩姫子と椿姫。
「お母様、話って……?」
「待ってて。パパが帰って来てからね!」

そして、彩姫子の夫で椿姫の父親・藤堂 春樹が帰ってきた。
「椿姫、琥珀さんとの婚約解消しなさい!」

「…………え?」
「ほら、あなたからも言って?」
「彩姫子、俺はそれには納得できないと言ったろ?
椿姫を傷つけるだけだ!
椿姫、ママの話は気にするな!
パパがちゃんと、説得するから!」
「でも、どうして?
どうして…お母様は琥珀を嫌うの?」
椿姫が涙を溜めて、彩姫子に訴える。

「琥珀くんが、梨沙子ちゃんに似てるからだよ。
そうだろ?彩姫子」
「……あなたは黙ってて!」
「梨沙子ちゃんが、琢巳を奪ったと今でも思ってるのか?琢巳は最初から、梨沙子ちゃん一筋だったぞ!」
「黙っててって言ってるでしょ!?」
「椿姫…お願い…!ママを捨てないで?
椿姫は、傍にいてくれるでしょ?」
彩姫子が椿姫の横に座り、すがるように言った。

「もう、やめろ!?彩姫子!」
春樹が一喝する。
「お母様、ごめんなさい…私が愛してるのは、琥珀です。それは一生変わりません!」
「椿姫…!?ママは認めないわよ……」
「椿姫、ママはほっといていいぞ。あとはパパがなんとかするからな…!」

リビングを出た、椿姫。
スマホだけ握り締め、庭に出た。
無意識に琥珀に電話をかけた。
『椿姫?』
「琥珀…遅くにごめんね……寝てた?」
『ううん。椿姫は?』
「琥珀…会いたい…」
『え?椿姫…?』
「今から行ってもいい?」
『ダメだよ!』

「え……?どうして、そんなこと言うの?
会いたいの……!
琥珀は私に会いたくないの!?」
椿姫の涙はもう溢れて止まらなくなっていた。