「あ…待てよ!俺から放れるな!まだ9時にもなってねぇよ!?二階堂が来るの9時半だろ?」
慌てて、抱き締める力を強める琥珀。

「琥珀が、ワガママ言うからでしょ?
それにシャワー浴びたい」
「じゃあ…風呂行こ?」
シーツごと椿姫を抱きかかえた。

シャワー中も、浴槽の中でも…琥珀は椿姫から離れず、キス責めばかりしている。
「くすぐったい…琥珀……」
「でも…気持ちいいでしょ?
もっともっと愛し合おう…!」
「ん……やぁ…」
「凄っ…声、響くね……
椿姫の声…ほんと、可愛い……興奮する…」
「ほんとに…やだ……」
「わかったよ…これ以上は、のぼせるしね……」

風呂場を出てソファーに座っていても、やっぱり琥珀は椿姫を後ろから抱き締める。
椿姫の迎えが来るギリギリまで、けっして離さなかった。

21時半ちょうどに、椿姫の執事・二階堂が椿姫の迎えに来た。
「椿姫様、お迎えにあがりました」
「えぇ…ご苦労様。
じゃあ…また明日ね、琥珀。
パーティー会場で、待ってるね!」
玄関先で、ニコッと微笑む椿姫。
琥珀の頭を撫でる。
その手を掴み、手の甲にキスをした琥珀。

「あんま、子ども扱いすんなよ!お姫様」
「子ども扱いしてないわよ?王子様。
でも、年下には変わりないでしょ?」
「うるせー!三つしか変わんねぇじゃん!」
「フフ…そうね。
でも、ワガママばかり言ってる琥珀は、子どもみたいよ?」
「だって、離れたくねぇんだもん!」

「椿姫様、もうそろそろ出ないと……
奥様に叱られますよ?」
「あ、そうね。じゃあ…ほんとに明日ね?琥珀」
「うん…後から電話する!」
「うん」