それをついて行き、抱き締めた琥珀。
「え?琥珀?」
「んー?一緒に入っていいんでしょ?」
「いいけど……」
「いいけど?」
「お風呂入るだけにしてね?」
「うん」
ニコッと微笑む、琥珀。

「??
琥珀?」
「ん?早く入ろ?」
「うん」
二人は服を脱いで中に入る。

「ちょっ…やめてよ!琥珀」
「ん?普通にお風呂入ってるだけだよ?」
椿姫の身体を洗いたいと言い出した、琥珀。
でも洗っている手が、怪しい。
「後は…自分でするから……」
「やだ、普通に入るならいいっつたでしょ?」
「琥珀が、変なとこ…触るから……」
「フフ…可愛いなぁ……椿姫…」
「も…やだ……それに、身体が冷えてきた……
は…くしゅん…!」
「椿姫?大丈夫!?」
「寒い…」
「ごめんね…つい、悪ノリしすぎた。
バスタブに入ろ?」
「うん…」
バスタブに入り、後ろから抱き締める琥珀。

「ごめん…かなり、冷えてる……」
「ううん。大丈夫だよ」

風呂から上がってベットに入った後でも、ずっと抱き締めている、琥珀。
「椿姫?ほんと、大丈夫?
震えてる…?」
「うん…大丈夫……だよ…」
抱き締める力を強めた、琥珀。
でも、椿姫の震えが止まらない。
「椿姫!?」
ガバッと起きて、椿姫を見る。
「はぁはぁ…琥、珀…」
「まさか…椿姫、風邪引いたんじゃ……」
「大丈夫…」
「……じゃないだろ!?
ちょっと、待って!二階堂呼ぶから!」