「これで大丈夫ですよ。今お薬を塗ったので、傷が残ることもないと思います。
二階堂さんには僕からお伝えしておきます。
椿姫様、申し訳ありませんでした」
井高が丁寧に処置をして、包帯を巻いた。

「いえ…二階堂には私から伝えます。
こんな大袈裟にしなくても、大丈夫ですよ。
川下さんも、気にされないで下さいね!」
井高と川下に微笑んだ。

「本当に申し訳ありませんでした」
井高と川下はもう一度頭を下げ、部屋を後にした。

「椿姫…ほんと、大丈夫?
痛い?」
琥珀が自分が傷つけられたように、顔を歪ませている。
包帯の上から優しくさする。
「大袈裟よ。大怪我ってわけじゃないんだから!
大丈夫」
「椿姫は優しいね…!
他の令嬢なら、こんなことされたらキレて大変だろ?
椿姫だって散々、色んな奴見てきただろ?」
椿姫を抱き締め、頭を撫でながら言う。

「そうだけど……誰にでも失敗くらいあるし、それに私達がキスしてたから、動揺させちゃったでしょ?」
「あれくらいで動揺してたら、ここの使用人は勤まらないよ!」
「だからって…それに…川下さん、たぶん琥珀のこと……」
「ん?」
「ううん…。
…………キスは、二人きりの時がいい…」
「そう?
まぁ…確かにこんなエロい顔、誰にも見せなくないかな…?」
目線を合わせ、口唇をなぞりながら囁く。
また口唇が重なった。
すぐに深くなり、また何も考えられなくなる、椿姫。

「椿姫…夕食の前に、抱かせてね……
ずっと我慢してたんだから……」
琥珀は椿姫を抱き上げ、ベットに連れて行き組み敷いた。