椿姫は、一気に涙腺が緩んだ。

琥珀の匂い、体温、抱き締める力の強さ。
放れたくないと思う程の愛情、川下の存在、自分の母親のせいで結婚できないこと………
色々な想いが、溢れて止まらなくなっていた。

「……っつ…琥珀…!」
椿姫も必死にしがみついた。

どうかこのまま……時間が止まってほしい………
そう、願っていた。

ソファーに座った琥珀の膝に向かい合って座っている、椿姫。
琥珀のキス責めにあっている。
「止まった?涙…」
「うん…」
「そんなに会いたかったの(笑)?
俺に…」
「会いたかったよ…」
「椿姫?」
「私だって…いつだって会いたいんだよ?
だから、今日みたいなこともうしないで?」
「うん…わかった。ごめんね……」
「琥珀」
「ん?」
「もっと…キス、して…?」
「うん…もちろん、いいよ。
でも、止まんないかも?」
そう言いながら、再度キスをする。

「ん…今日、ね……泊まっても…いい?」
「え?」
びっくりしてキスをしていた口唇を離す、琥珀。
「小夜が協力してくれるって。
今日、小夜のとこに泊まることになってるの。
二階堂が上手く話してくれるみたい。
だから、琥珀がいいなら…泊まってもいい?」
「マジで!?いい!!泊まってけよ!
なんなら、ずっとこのままここにいてよ!
嬉しい~椿姫と一緒にいれる!
どうしよっか?今から」
琥珀はまるで、子どものようにはしゃいでいた。

「愛し合いたい」
「え……?椿姫…?」

「琥珀に…抱かれたい…」