ベットに移動して、椿姫を組み敷く琥珀。
「椿姫…まだ外は明るいよ?」
「うん」
「いつもなら、夕食済ませてからって言うじゃん!」
「うん、琥珀は嫌?」
「ううん、むしろ嬉しいよ…?
椿姫と愛し合えるなんて、いつでも幸せ…!」

「だったら…いいでしょ?」
「うん…」
琥珀の綺麗な顔が近づき、口唇が重なる。
そして頬や首筋、鎖骨に口唇が移動する。
いつも琥珀は椿姫を抱く時、夢中に貪るように愛す。
なのに、口唇や手はとても優しく慈しむように動くのだ。
それが椿姫は心地よく、幸せな気持ちになる。

でも今日は、とても苦しかった。
このまま何もわからなくなりたかった。
琥珀を愛してることも、母親の寵愛も、自分が誰なのかさえも……
こんなに狂おしい想いをするくらいなら、何もわからなくなりたい……………

「琥珀…」
「ん…?」
「やっぱり…やめ、て…」
「やだ……」
「これ以上愛されたら、ほんとに放れられなくなる。
私達はまだ結婚できないんだから」
「は?なんで……そんなこと言うんだよ…!?」
琥珀は椿姫に向き直り言った。

「お母様のお許しがまだ出てないでしょ?
だいたい、琥珀の家に泊まるのにどうして嘘つく必要があるの?
そんなのおかしい。
私達は婚約者同士なのに……」
「だから、一緒にいる時はギリギリまで愛し合うんだよ!」
「琥珀…」
「俺にはまだ、彩姫子おばをちゃんと納得させるだけの力がない。
だから、今はギリギリまで言うことを聞いて耐えてる。でも、もう少しなんだ……
もう少しで、俺が副社長に就任できたら椿姫を迎えに行く。もう誰にも何も言わせないよ!」