「ほんとは来年度からの副社長就任だって言われてたんだけど、もっと早くてもいいって話が出てるんだ。
そしたら、もっと早く椿姫を迎えに行けるよ!
俺、頑張るから」
「琥珀は強いね…私にはもったいない……。
私は何もできてないのに。
色んな人に助けてもらってばかりで……」
また、涙が溢れてくる。
その涙を拭ってくれる、琥珀。

「椿姫はただ、俺だけのことを考えてくれたらいい。
ただ…俺だけを……
それでそれまで、こうやって毎日抱かせてよ?
椿姫はここにいるって、毎日感じたいから」
「うん…」

あとはただ、欲望のままお互いの存在を確かめ合うように、抱き合った。

結局夕食も食べないまま、抱き合った二人。
「椿姫、腹空かない?」
「私は大丈夫。琥珀、食べてきていいよ?
身体動かないし、ここで横になってるから」
「うーん。じゃあ…そうしようかな」
「うん、ゆっくりしてきて?
起きて、待ってるから…!」
「わかった」
琥珀は椿姫の額にキスをして、ベットを下り部屋を出た。

琥珀がいなくなった部屋で、ベットの上をゴロゴロしていた椿姫。
しばらくゴロゴロして、シーツを身体に巻いてベットを下りた。
部屋の中をうろうろしていると、
「……っつ…痛い!」
何かを踏んでしまう。
踏んだ物を確認すると、ピアスだった。
「ん?琥珀の?」
後から渡そうと、テーブルの上に置いた。
そこへ、川下が部屋に入ってきた。
「失礼致します。
紅茶をお持ちしました」
「あ、ありがとうございます。
すみません…こんな格好……すぐ服着ます!」
シーツを取った椿姫の身体には、キスマークがたくさんついていた。
それはそれ程、琥珀に愛されていることを示していた。