「……じゃあ、泊ってく?」

「え?!いいの?」

「泊るのはいいけど、変な事したらただじゃおかないんだから!」

「はあーい!気をつけまあす!」

「何なの?!その返事の仕方。すっごいムカつく」

「レナちゃんが大好きって言ったんだよ?」

「~~~~~ッ!!!」

真っ赤な君の顔を見ると、また胸がキュンと小さく音を立てる。
少しずつ近づいて行って、重なって行く気持ち。
今日の夜は中々長くなりそうだ。