その人はまるで目の中に飛び込んできたかのように、私には感じた。
目を奪われるとは、まさにこの事なのだと思う。

百貨店という場所柄、オシャレな人も最新のファッションをしている人もたくさんいるけれど、その人が着ていたのは極々普通のスーツだ。

けれど身体に綺麗にフィットしているそのラインは、おそらくオーダーなのだろう。

シャツもキチンとプレスされていて、薄く柄が入っているのが見てとれた。
スーツと、シャツにコーディネートされたネクタイはお手本のような、セミ・ウインザーノット。

きれいな結び目の三角形がスッキリした顎のラインにぴったりで、自分をよく分かっている人なのだな、と思わせた。
ぴしっと整えられた髪型と、リムレスフレームの眼鏡。

ともすれば冷たくなりがちな印象なのに、口元に笑みを浮かべて、お客様をアテンドしていた。

綺麗な姿勢。
歩く時も姿勢が緩むことはなく、真っ直ぐした背筋が保たれたままで、言うなれば隙のない印象の人だ。