「高木原さん、美鈴のことすごく気に入ってくれたみたいよ?可愛くてキレイだって、タイプだって言ってくれてるみたいなの」

 と嬉しそうに語るお母さんを見て、わたしは複雑な気持ちになった。

「……そうなんだ」

「なに?嬉しくないの?」

 とお母さんから問いかけられたけど、上手く答えられなかった。 嬉しくない訳ではないけど、なんかこう嬉しいって感じでもない。

「……まぁ、嬉しくない訳じゃないけど」

「ならいいじゃない!あなたが高木原さんと結婚すれば、将来はきっと安泰よ!」

 わたしのその問いに、お母さんは嬉しそうに言った。

「もう、気が早いって……」

 それにまだ、結婚するかどうかも分からないのに……。お母さんってば、気が早いよ。

「美鈴がもし、高木原さんと結婚したいなら、お母さんは大賛成だからね? お母さんは、あなたの幸せを一番に考えてるんだから」

「……ありがとう」

 お母さんのその気持ちはとても嬉しいし、お母さんにここまで育ててもらったことに感謝もしてるし、ありがたいと思ってる。